白猫テニス攻略情報 セラータ配布に当選しなかった人の対抗策

11月17日に実装された新キャラのセラータ。

抽選で配布された強キャラなのですが、白猫テニスプレーヤー600万人の中で当選者が600人なので、当たらない人の方が大勢なはずです。

そうした場合、相手がセラータを使ってきた場合はどう対処するべきかを考察していこうと思います。

【白猫テニス】キャラ選び

%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%bf

セラータはテクニックタイプ+5%を有しており、テクニックタイプのキャラで挑むのは無謀です。

グラスコートのテクニックタイプといえばシャナオウが強いと知られていましたが、グラス・テクニックキラーのセラータの登場によってその座を追われた状況になっています。

グラス強いスタミナやストロークのキャラがよさそうです。

ストロークではカスミとアイラ、スタミナではバイパーとアルティメットがグラスです。

特にカスミはテクニックキラーなので、対策キャラとしては有効です。

【白猫テニス】スーパーショット対策

セラータの強みはステータスだけでなく、スーパーショットの強力さにも見出すことが出来ます。

スーパーショット「ラーニャテーラ」は、設置個所にクモの巣のトラップを設置する変化球です。

このクモの巣を踏んでしまうと、上にいる限り動きがスロウになるうえ、毒によってスタミナが減少していきます。

さらに、ショットが着弾するまでは大量のコウモリが発生して軌道を覆い隠すので、返しにくいことこの上ありません。

トラップ設置型のスーパーショットに共通する対策としては、着弾前にボレーで返すことが考えられます。

スタミナはごっそり削られるものの、厄介なトラップを設置させて試合全体を不利にするよりはましです。

クモの巣に毒効果がある点を考えると、直接返してしまう方がスタミナの消費は少ないかもしれません。

ショットの軌道はスライスと同じなので、ある程度の動きを把握しておけばコウモリで覆い隠されても対応が可能になります。

フォアかバックかを見極め、瞬時に軌道を予想できるようにスライスに慣れておくことが重要といえるでしょう。

ラーニャテーラが発動するまでのショット数は16回なので、計測しておいてくるタイミングを把握しきましょう。

【白猫テニス】立ち回り

セラータはテクニックとスピードが非常に高く、ネット際でのボレーが非常に強いキャラです。

テクニックキラーであるために同じ土俵に立っては勝てるわけもないので、違う方法で戦わなくてはいけません。

ドロップやロブに対抗するためにスピードがあるキャラの方が望ましいことは言うまでもないでしょう。

スーパーショットを拾うためにも、目的のところにすぐに駆け付けられるように、中央に近いポジションを常に確保できる方が良いのは確かです。