「白猫テニス」には続々と新キャラが登場し、初期キャラに比べて高機能な技を持ったキャラもどんどん追加されていますよね。

特に11/17に追加された「ヴィヴィ」は、「白猫プロジェクト」でも大人気の女性キャラ。

さらに、彼女の放つスーパーショットが強力すぎて「壊れキャラ」とまで言われています。

初期ガチャでレアキャラを手に入れても、今では通用しない・・・なんてことも十分にありえますよね。

キャラも日々研究されていますから、新キャラが出ても、性能によってはすぐに通用しなくなることも少なくないでしょう。

ただし、それでも手持ちのキャラは大切にしたいもの。せっかく手に入れたのですから、使いどころを決めて、本当に長く付き合っていきたいキャラについては限界突破をしましょう。

たとえ星4キャラでも、限界突破をしていない状態と最大の4回まで限界突破をしているキャラでは、能力値に大きな差があります

能力値はそのまま、試合での働きに関係しますから、きちんと育てておきましょう。

1.限界突破による能力値の違い

現在のところ、限界突破は星2キャラから可能で、レアリティによって限界突破時の上昇値は違います。
星2・・・各上昇値+11×限界突破数

星3・・・各上昇値+13×限界突破数

星4・・・各上昇値+15×限界突破数
こうしてみると、やはり限界突破するなら上昇幅の大きい星3~4がオススメですね。

特に星4キャラの場合、4回限界突破すると、能力値は+60され、「サーブ」「ストローク」「テクニック」「スタミナ」「スピード」の5項目で同様に上昇しますから、合計で300も上昇することになります。

これだけみても、限界突破させる意味が大きいことが分かりますね。
苦手な能力が上昇すれば、その分弱点をカバーできますし、得意分野が上昇すれば、さらに強みを活かすことができます。

使えるキャラやお気に入りキャラが見つかったら、そのままにせず、きちんと育てて強さに磨きを掛けましょう!

2.限界突破にもルーンが必要

「白猫テニス」において、キャラの育成には「ルーン」という素材が必要になります。

「覚醒進化」の場合には、キャラタイプごとに色の違うルーンが必要でしたが、「限界突破」の場合はキャラタイプに関係なく、「虹のルーン」という素材が必要です。

この「虹のルーン」は「虹のハイルーン」「虹のスタールーン」とレア度が上がっていき、レアリティの高い者ほど少しの数で限界突破を行うことができます。

◇ルーン集めはガチャで

1人のキャラを限界突破させるだけでも、

星2なら「虹のルーン」1個

星3なら「虹のルーン」25個、または「虹のハイルーン」1個

星4なら「虹のルーン」50個、「虹のハイルーン」25個、「虹のスタールーン」1個

が必要です。

また、「虹のルーン」はキャラガチャからしか排出されず、手持ちのキャラと同レアリティのものが出た時のみゲットできます。

だから、かぶるまでキャラガチャを引き続けるしかありません。

星2キャラかぶりなら「虹のルーン」、星3キャラかぶりなら「虹のハイルーン」、星4キャラかぶりなら「虹のスタールーン」、という具合です。

なかなか気の遠くなりそうな作業ですが、地道に続けてコツコツ素材を貯めましょう。

3.限界突破は忍耐

手持ちのキャラを育てる上で外せない「限界突破」ですが、その道のりは無課金ユーザーには遠いものです。

思い切って課金するか、コツコツと無課金でガチャを回し、だぶりが出るのを待ちましょう。

忍耐の先には、能力値の大幅上昇というご褒美が待っています。

お気に入りのキャラ、強力キャラを積極的に限界突破して、勝利をその手に収めましょう!