みなさん白猫テニスを楽しんでいますか?

今回はゼロキスの声優を紹介します、ゼロキスを担当している声優は一体だれなのでしょうか。

【白猫テニス】ゼロキスの担当声優

ゼロキスの担当声優は下野紘さんです。

下野紘さんのプロフィールはこちらです。

生年月日 1980年4月21日

血液型 B型

身長 168cm

声優活動は2001年「リリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士3〜」のテオ・モーンマイヤー役です。

TVアニメデビューは2002年放送の「ラーゼフォン」で、主人公の神名綾人役に抜擢されます。

その後数々のキャラクターを演じ、主人公クラスのキャラクターも多い人気声優です。

キャラクターソングを数々担当してきた下野紘さん、2016年から本人名義で歌手活動も開始。

デビュー曲の「リアル-REAL-」はオリコン最高位で4位、声優活動、歌手活動、ともに今後の活躍が楽しみですね。

2017年冬アニメでは「ACCA13区監察課」のジーン・オータス役を担当、2017年2月現在放送中なので是非チェックしてみてくださいね。

【白猫テニス】ゼロキス担当声優下野紘さんの代表作

ラーゼフォン:神名綾人

おおきく振りかぶって:田島悠一郎

かんなぎ:御厨仁

神のみぞ知るセカイ:桂木桂馬

進撃の巨人:コニー・スプリンガー

ACCA13区監察課:ジーン・オータス

【白猫テニス】ゼロキス

ゼロキスは白猫プロジェクトに登場する人気キャラクター、白猫テニスではクレーコート属性のサーブタイプのキャラクターです。

その特徴はオートスキル、0-0以外の同点時にスピードが30%アップします。

そのためオートスキル発動時のサーブゲームはかなり強力、フラットサーブからのボレー攻撃を狙いましょう。

ゼロキスを使いこなすためにはサーブアンドボレーのテクニックを磨くとより戦いやすくなります。

発動タイミングが独特なのでしっかり頭に入れておきましょう、同点の時はゼロキスにキャラ変更をするのを忘れずに。

スピードが上がるのでサービスゲームではなくてもとても使いやすくなりますよ。

ゼロキスのスーパーショットはハートシェイカー、着弾時、ボールを打ち上げる妨害エリアを設置するショットです。

サーブタイプのキャラはスマッシュの速度が速いため、相手をエリアに誘導しやすいのでかなり有効です。

以上、白猫テニスのゼロキス担当声優下野紘さんの紹介でした。

声優業だけではなく歌手業でも活躍中の下野紘さん、ファンの方は是非ゼロキスを入手してください。

ゼロキスは使いどころが難しいキャラですが、タイミングを見極めてしっかり使えばかなり優秀ですよ!