白猫テニスでのカモメはどんなキャラになっているのか?
白猫テニスには、本家である白猫プロジェクトに登場したキャラが続々と参入しています。

本家で人気のキャラが出てこれば、テニスをしている人もうれしいところです。

今回紹介するカモメは、マールとザックのガチャ入れ替えで登場したキャラです。

白猫プロジェクトではフォースターの2期から登場し、人気投票でも上位にくる人気キャラです。

【白猫テニス】カモメの基本情報

%e7%99%bd%e7%8c%ab%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9-%e3%82%ab%e3%83%a2%e3%83%a1

レア度 星4
タイプ スピード
コート クレー
スイングエリア せまい
利き手

9月現在において、星4キャラの中でのスピードキラーはアルティメット以外には存在していません。

同レベルのレア度を持つキャラの中で天敵が1体しか存在しないので、それ以外のほぼすべてのキャラ相手にそれなりに戦うことが出来る万能性があります。

また、アルティメットのコート属性はグラスなので、カモメが得意なクレーコートでは能力が20%減少します。

クレーコートならスピードキラーであるアルティメットを相手にしても、まだ何とか戦えるというところも魅力です。

リーダースキル

スピードタイプのテクニック+5%

リーダーキャラとサブキャラのスピードタイプが、テクニックが+5%

オートスキル1

テクニックタイプダメージ+10%

テクニックタイプへのスタミナダメージが10%増加

オートスキル2

スピード+5%

自分のスピードが5%向上

【白猫テニス】カモメのステータス

レベル100 限界突破
サーブ 215 265
ストローク 253 313
テクニック 291 351
スタミナ 266 326
スピード 337 400

 

スピードタイプだけあって、図抜けた足の速さを誇ります。

限界突破すれば、スピードのステータスは全キャラ中最大となるスピードスターです。

それ以外の部分もそれなりに高いところでまとまっており、どんな状況、相手でも自分の戦い方を維持できる高性能なキャラとなっています。
重要な要素であるストロークとテクニックが、限界突破しても300前半な点が不安であれば、ギアで強化して補いましょう。

サーブはあまり高くありませんが、フラットサーブを使うわけではないので特に問題ない点といえます。

【白猫テニス】カモメのスーパーショット「スイングウェイブ」

カモメのスーパーショット「スイングウェイブ」は、着弾地点に水たまりフィールドを設置する効果を持ちます。

相手が水たまりの中に入っている間は鈍足になり、スピードのあるラリーに持ち込めば確実に圧倒できます。

また、スイングウェイブは水たまりを発生させる効果があるばかりでなく、ボールのスピード自体がかなり高い超高速ショットです。

普通に打ち込むだけでも、相手が返せずに水たまりに加えて得点が入ることも良くあります。

【白猫テニス】カモメの使い方 シングル編

カモメの特徴は何といってもその足の速さです。

特別なショットでない限り、特に問題なく追いつくことができ、ネット際でプレーしているときにロブを放たれても、十分に拾いに行けます。

プレーの際には積極的に前に出て、ボレーを繰り返して相手のミスショットを誘発する戦い方をしましょう。

さらに、テクニックタイプダメージ+10%に加え、ドロップやロブも拾えてしまうスピードを持つことから、テクニックタイプにはかなりの天敵となっています。
ネット際でボレーを繰り返す戦い方は、それなりにテクニックも必要とします。

また、ネットプレーをしているときに、コート端に鋭角のスピンを打ち込まれると反応しきれない時があります。

ストロークタイプを相手にするときは注意が必要です。
スーパーショットのスイングウェイブは使用するタイミングを見計らう必要があまりなく、いつ使っても高い効果を発揮するタイプの物です。

上級者同士の戦いでは、スーパーショットが使用可能になったときのオーラでこちらの戦略が読まれてしまうこともあります。

使用可能になったら、超高速ショットで相手の意表を突く目的も込めて、さっさと使って水たまりを作って妨害してやりましょう。

【白猫テニス】カモメの使い方 ダブルス編

シングルでも優秀な能力を持つカモメですが、ダブルスならもっと活躍できます。

前衛ならば、シングルの時と同じネットプレーで、ボレーを繰り返して相手のミスを誘いましょう。

もしも抜かれても、後衛が拾ってくれると考えれば、大胆な戦い方が出来ることでしょう。
後衛でも、足の速さを活かしてこぼれ球を確実にセーブする活躍が見込めます。

どちらのポジションでも十分に実力が発揮できる優良キャラです。
スーパーショットでの、相手の行動範囲を狭くした上に動きを妨害できる性質は、ダブルスでならさらに高い効果が見込めます。

超高速ショットで直接の点が取れなくても、水たまりが設置できるだけで十二分な威力を発揮できる、ダブルス向けのショットともいえます。

【白猫テニス】ダブルスのペアにおすすめのキャラ その1「フラン」

ダブルスにおいては、同じクレーコートが得意のフランと組ませると活躍できます。

カモメがボレーで攻め立て、テクニックタイプであるフランがドロップでかき回すことで、相手のミス誘発とスタミナ切れを誘う、短期決戦型の組み合わせです。

フランはストロークキラーなので、スピンのラリーを狙ってくる相手にも有効な点がメリットとなります。

【白猫テニス】ダブルスのペアにおすすめのキャラ その2「シャルロット」

ストロークタイプのシャルロットも、クレーコートが得意でダブルスの愛称は良好です。

シャルロットの場合は、高いストローク値によるラリーと、燃焼効果付きの高速スーパーショットで、相手のスタミナを削っていく能力に長けています。

スタミナタイプキラーなので、スタミナタイプが相手でも能力が活かせます。
カモメと組む場合は、シャルロットが後衛でラリーを返しつつ、前衛のカモメが甘いボールをボレーやスマッシュで打ち込むと良さそうです。

カモメのスーパーショットが相手のペア療法に影響を及ぼせるので、シャルロットのスーパーショットが単体向きであることも問題にはなりません。

【白猫テニス】同時期に登場したメアとはどちらが良い?

カモメと同時に実装された星4キャラは、同じスピードタイプの「メア」です。

2体の星4キャラが入れ替えで登場した時には、どちらが良いか、当たりかという議論は恒例になっています。

では、カモメとメアはどちらがお勧めのキャラなのかを見ていきましょう。
カモメとメアは両方とも星4のスピードタイプであり、各種ステータスに関しては著しい差はありません。

限界突破時においてカモメの方がテクニックは43、スピードは7上になっています。

ただし、メアの方がストロークは13、スタミナが17上回っています。

テクニックについては微妙なところですが、それ以外はギアの使用によってどうにでもなる範囲です。
コートの属性は、カモメがクレーで、メアがハードとなっています。

オートスキルによるキラーは、カモメはテクニックキラー、メアがストロークキラーです。

星4唯一のスピードキラーであるアルティメットがグラス属性であることを考えると、ハードコートでない限りはカモメの方が耐性はあるといえます。

ただ、カモメもメアも性質が全く違うので、相手とコートの属性によって有利不利は大きく変わるので、状況次第としか言えません。
スーパーショットは、メアの場合は着弾場所に感電ギミックを出現させる「ガットザッパー」です。

感電状態になった相手はスイングエリアが狭くなります。

このショットは相手が返球した場合でも感電状態にするので、ボレーで返そうとしても感電は避けられません。

カモメのスイングウェイブは超高速ショットであって返すつもりでもキャッチできず、さらに水たまりまで設置できるので、単純な強力さにおいてはスイングウェイブに軍配が上がるでしょう。
能力的に見て両者はそれぞれ長所があって良いスピードタイプですが、塔でもダブルスでも活躍できるカモメの方が強いといえます。

もちろん、状況と自分の手持ちキャラの中身、何より思い入れや好みによって、どちらが良いかについては人ごとに変わるでしょう。