白猫テニスのボレー 空振り対策は?

皆さん白猫テニスを楽しんでいますか?

今回はボレーの空振りについて紹介します、強力なショットですがどうしても空振りをすることが多いボレー。

どのような対策があるのでしょうか、参考にしてみてくださいね。

【白猫テニス】スイングエリアを体に身につけよう

白猫テニスのキャラクターステータスにはスイングエリアが設定されています。

スイングエリアが狭いキャラは、しっかり打てたと思っても遠かったということで空振りやミスショットが増えます。

特にメインでスイングエリアがふつうのキャラを使っていると、狭いキャラを使った際に感覚がずれてミスが起きます。

しっかりせまいスイングエリアの打てる場所を体に身に着けましょう。

感電のデバフを受けた場合は更にスイングエリアが狭くなります、しかししっかりボールへ近づきショットすることで普通にプレイできます。

感電は怖いですが対策できるデバフです、感電のスイングエリアで問題なくプレイできれば、感電のSSを持つ相手が怖くなくなりますよ。

感電対策までできれば、ボレーでスイングエリアに寄る空振りを避けられます。

【白猫テニス】タイミングがずれて空振る

%e7%99%bd%e7%8c%ab%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9-%e3%83%9c%e3%83%ac%e3%83%bc

ボレーは前へ出て打つという性質上、コート後方からのショットよりタイミングがシビアになります。

特に速いボールは対応が難しく、少し遅れてしまっても空振りになってしまいます。

特にボレーを狙う際に空振る原因は、ボレーエリアまで間に合わずにボールを打てない、もしくはダイレクトになってしまうことです。

ダイレクトは相手にチャンスボールが行く危険なショットです、そして相手が余裕を持って返球出来る場合強力なトップスピンで届かない場所へ打たれることもよくあります。

まずはタイミングをしっかり覚える、普段のショットより気持ち早めに打つとよいでしょう、そして相手をしっかり振って強いボールが来ない、コースが限定できる場合にボレーを狙いましょう。

闇雲にボレーを狙うと逆に相手のポイントとなってしまいます。

【白猫テニス】高いボールで空振る

ボレーの天敵はロブです、ロブは頭上を越して後方へ落とすボールで、ネット際ではボールを打てないショットです。

ボレーを多用すると相手もロブを打ってくるでしょう、何も対策がなければロブを返せず、ラケットを振っても空振りになります。

スピードが高いキャラならあえてロブを打たせて後方に下がりスマッシュを狙う、というプレイができます。

ロブにも対応できるポジションから、相手のショットを見てボレーにするか普通のショットにするか選択出来るようにしましょう、これも練習を重ねれば出来るようになりますよ。

狙ってロブを打たせることができれば、スマッシュで得点チャンスが産まれます。
以上、ボレーの空振り対策でした。

スイングエリアにしても、タイミングや高さにしても練習して慣れることで対応できます。

スイングエリアについては他のプレイでも重要なので、しっかり身につけましょう。