白猫テニスのボレーは使えない?ボレーを正しく使おう!

みなさん白猫テニスを楽しんでいますか?

今回はボレーについて紹介していきます、ボレーは使えないプレイでは全くありません!

正しくボレーを使って、勝利をつかみましょう。

【白猫テニス】ボレーにならないでダイレクトと出たりする

 

ボレーを打とうとノーバウンドでショットしたのに、ボレーにならずダイレクトと表記される、誰もが経験あると思います。

通常のテニスであればノーバウンドのショットはすべてボレーという扱いですが、白猫テニスでボレーとして扱われるのはサーブラインより前でボレーをしたときになります。

サーブラインよりどのくらい前かは、何度も練習して体感を身につけましょう、思い切ってネット際まで行くのが大事です。

ダイレクトと表記されるショットになった場合、非常に球速が遅く、相手がミスショットをしない限りジャストショットになる効果まであります。

ふらふらと上がるミスショットよりはマシですが、大ピンチに陥ります、できるだけダイレクトにならない位置でボレーしましょう。

【白猫テニス】ボレーを打とうとすると点数を取られる

%e7%99%bd%e7%8c%ab%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9-%e3%83%9c%e3%83%ac%e3%83%bc

ボレーは強力なショットですが、リスクも高い攻撃です。

前へ出てプレイする性質上、速いストロークはボールに追いつけずに横を抜かれてしまうことが多々あります。

そしてロブが天敵、頭上を越すボールの対処は非常に難しくなります。

それではいつボレーを使えばよいでしょうか?基本的に相手が返せるコースが読めるときに前へ出ましょう。

ストローク戦で相手を大きく振れた場合や、ドロップで前へ振った場合相手が返せるコースが限定されます。

その時前へ出てボレーをするチャンスです、こちらがスマッシュを打ったあとも強いボールが帰ってくる可能性が低いためチャンスとなります。

この他、フラットサーブのあともチャンスです、しかしフラットサーブを上級者は普通に返してくるので、フラットサーブが苦手かどうか見極めてからボレーを狙うのがいいでしょう。

【白猫テニス】角度をつけてボレーを打とう

ボレーをしっかり打てたのに、なかなか点数に結びつかない、この原因は主にコースが甘いことです。

相手がいる場所へ打っては簡単に返されます、そして角度が甘いボールはストロークと同じようにコートの後方からでも拾えます。

角度を鋭く付けることで、コート後方からは拾えない難しいボレーになります。

角度を付けるためにはできるだけ前へでてボレーをしましょう、フリック操作も忘れずに!
以上、ボレーは使えない?でした。

ボレーは使えないというこはありません、むしろ得点しやすい強力なショットです。

リスクをしっかり管理して、ボレーを駆使して勝利を目指しましょう!