白猫テニスのボレーの打ち方のコツ

みなさん、白猫テニスを楽しんでいますか?

今回はボレーの打ち方のコツについて紹介します、ボレーは難しいテクニックですがしっかりコツを掴んで習得しましょう。

参考にしてみてくださいね。

【白猫テニス】白猫テニスのショットの種類

%e7%99%bd%e7%8c%ab%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5-%e6%89%93%e3%81%a1%e5%88%86%e3%81%91
白猫テニスには多くのショットがあります、ショットの種類を一部紹介します。

・サーブ

ゲームをスタートするときのショット、サーブタイプは強力なフラットサーブが打てる。

サーブタイプ以外では効果的なサーブを打つことが難しいですが、サーブタイプではしっかりフラットサーブを習得しましょう。

サーブで左右に振れればそれだけで大チャンスです。

・ストローク

バウンドしたボールをコート後方から打つのがストロークショット、テニスの基本ショットです。

ストロークタイプは特に強力で、ストロークだけで得点を取ることも可能。

・スマッシュ

チャンスボールを打ち下ろす強力なショット、チャンスボールが来たら確実にしとめましょう!

・ボレー

サーブラインより前でノーバウンドで相手に打ち返すショット、この後打ち方のコツを紹介します。

角度をつけて打てるので、得点につながりやすい強力なショットです。

【白猫テニス】ボレーの打ち方のコツ 基本編

ボレーはコートの前方へ出て打つ、比較的難しいプレイです。

しっかりコツを習得しないと、相手に闇雲に得点を与えることになります、ボレーを打つコツを筆者なりに解説していきます。

・前へ出る時はボールへ向かって

ストロークの場合よりも、ボールが来る方向へ思い切って向かいましょう、ストロークの場合スイングエリアを落ち着いて調整できますが、ボレーの場合予測より少しでも外れるとミスショットになりがちです。

完全に真正面だとタイミングが難しくなりますが、それでもボールへ向かった方がミスは減らせます。

・相手の体勢が悪いときに

相手がこちらのボールをギリギリで返してくる、そのような時は積極的にボレーを狙いましょう。

ストロークやSSなどで相手の体勢を崩せる時は、相手は強いボールを返せません。

ゆるいボールならボレーでミスなく打つことが容易です。

【白猫テニス】ボレーの打ち方のコツ 応用編

ボレーでしっかり点を取るための、ボレーの打ち方のコツ応用編です。

・チャンスボールだと思ったら積極的にネットまで

ネットギリギリまで行って横へフリックしながら打つことで、鋭い角度のボレーを打つことができます。

ボレーでも甘いボールを返せば、逆にピンチになります、積極的に前にでて決めきってしまうつもりで鋭い角度でボールを返しましょう。

・ボレーの後ロブを誘う

前に出てきた相手にボレーを打つプレイヤーは多いです、そしてそれはかなり効果的です。

ボレーを積極的に狙う様子をみせて、相手のロブを誘いましょう、ボレーの後すぐに下がれば簡単にスマッシュを打つことも可能です!

以上、ボレーの打ち方のコツでした。

ボレーは難しいプレイですが、しっかりコツをつかんでマスターしましょう。

CPU戦などで練習を重ねるのが上達の早道ですよ。