みなさんこんにちわ!

暑さも少しづつ収まり、秋の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマはドロップショット、別名ツイストと呼ばれるショットについてまとめてみました。

またその中でも、対戦相手にそのドロップを仕掛けられた場合の対処法について特集してみました。

それではまず、ドロップの打ち方についておさらいしてみましょう。

①ドロップショットの打ち方

ドロップショットとは、簡潔に言いますとネット前にボールを落とすことになります。

こちらのショットスキルはテクニックタイプのキャラのみ使用できるスキルであることを忘れてはなりません。

ショットの放ち方なのですが、球種アイコンをスライス/ドロップにして、下フリックするとドロップショットになります。

こちらのショットはほかの球種と同様に左右に振り分けることができますので、試合の状況を瞬時に判断して所々にドロップを放つと効果的です。

②ドロップを使うとしたら?

ドロップを放つとしたら、どのような場面になると思いますか?

ドロップを放つことは、相手のペースを乱したり、スタミナを無駄に消費させたり、試合の流れを変えたりすることに繋がります。

ネット前に落とすショットであるドロップは、相手を前後に揺さぶることができます。

そうすることで相手後方をガラ空きにすることもできますし、前後に振ることでスタミナを消費させることも可能です。

このように試合を進めることで、ポイントを稼ぐことが出来るでしょう。

③相手のドロップに対応するには?

相手にドロップを打たれた場合、万が一拾えたとしてもロブやパッシングショットに即座に対応しなければなりません。

そうしますといたずらにスタミナを消費してしまいます。

そのような場面で一体どのように対処すれば良いのでしょうか。

試合の前にまずは相手のキャラクタータイプを見極めてください。

ドロップはテクニックキャラクターのみ使用できるスキルです。

万が一対戦相手がテクニックタイプであった場合、ドロップに対して用心しましょう。

次にポイントとなる要素は、ずばり立ち位置です。

後方に居続けるとドロップを決められるので、ベースラインより内側に立つようにしましょう。

更には、レシーブライン近くにいると、さまざまなショットに対応できるのでおすすめできます。

④まとめ

今回はドロップを決められた際、どのように対応すればよいのかについてまとめてみました。

ここで付け加えますと、スタミナタイプのキャラを使うプレイヤーは持久戦で粘ることができます。

万が一ドロップに対してボレーで攻めることができます。

キャラに応じてさまざまなやり方は存在します。

自分なりの対処法を見つけることも、ひとつの楽しみではないでしょうか。