白猫テニスでドロップショットを打つ際に打つ方向をコントロールしたい!

みなさんこんにちわ。

秋晴れの日々が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

秋の季節はこれから。

季節に応じた趣味を楽しんでみるのもいいのかもしれませんね。

さて今回はドロップショット、別名ツイストショットと呼ばれるテクニックについてまとめてみました。

中でも、ドロップショットを打つ際の方向をコントロールするというテーマに焦点を当てて見ていきたいと思います。

その前に、まずはドロップショットの打ち方を今一度おさらいしてみましょう。

①ドロップショットの打ち方

ドロップショットとは、簡潔に言いますとネット前にボールを落とすことになります。

こちらのショットスキルはテクニックタイプのキャラのみ使用できるスキルであることを忘れてはなりません。

さてショットの放ち方なのですが、球種アイコンをスライス/ドロップにして、下フリックするとドロップショットになります。

こちらのショットはほかの球種と同様に左右に振り分けることができますので、試合の状況を瞬時に判断して所々にドロップを放つと効果的です。

②ドロップショットをコントロールする方法とは?

以前スマッシュをコースに振り分けて放つやり方でも説明した内容と重複する方法となります。

左に引っ張るショットを放つには少しタイミングを遅くしてからショットを放つ。

逆サイドに向かってショットを放ちたいのであれば、タイミングを若干早めてショットを決める。

以上の2つのちょっとしたコツを使いこなすことで、左右に打ち分けることができましたね。

これらはドロップショットでも同じようなことが言えます。

タイミングを早めることで対戦相手に向かって逆方向、もしくは少し振り遅れることでストレートに返球することができます。

それこそタイミング次第では左手前、右手前にドロップを決めることが出来るでしょう。

またショットを放つ際、打ち込みたい相手コートに向かって指を「スワイプ」させることも重要です。

そうすることで確実にコースをつけてドロップショットを決めることが出来るでしょう。

③ドロップの使いすぎに要注意!

ここでひとつ注意点があります。

対人戦の場合、相手はこちらの動きを観察し、適度にそのプレイスタイルを変化させてきます。

こちらがドロップを多用すると、対戦相手もそれ相応に対応してきますので、ドロップの効果が薄くなってしまいます。

ドロップショットを決める際、対戦相手の動きに目を向けてくださいね。

④まとめ

今回はドロップショットをコントロールする方法についてまとめてみました。

打ち込みたい方向へタップすることで、ボールはその方向に飛んでいきます。

さらには打つタイミングによってもそのボールをコントロールすることができます。

上記を組み合わせてショットを決めてみてくださいね!