みなさん白猫テニスを楽しんでいますか。

今回は白猫テニスのツアーモードが難しくて進まない場合の対処法を紹介します。

ツアーモードを突破するにはどうすればよいのでしょうか、参考にしてみてくださいね。

【白猫テニス】どうしてもすぐにスタミナが切れて勝てない場合

ツアーモードでスタミナ切れで勝てない場合、特にスタークラスや後半ステージのプロクラスで発生します。

その場合考えられるのが、パーティの練度不足、もしくは純粋に戦力不足の場合です。

スタークラスや後半ステージは敵のステータスが高く、スタミナが少ないキャラはすぐにスタミナ切れを起こしてしまいます。

敵の返球を3~4発程度でスタミナが半分以下になるような時は、キャラクターの育成を優先しましょう。

スタミナドリンクが運良くたくさん来る、など運が良くない限り勝つのが難しいです。

サーブアンドボレーで決めるなど速攻で決めればまだ可能性がありますが、3人全員スタミナ切れになるとどうしようもなくなります。

この他、スタミナ切れの要因としてはスイングするときに体勢を崩す、スタミナドリンクのとり方が悪いなどが上げられます。

体勢を崩して打たないようにしっかりとボールの位置を把握しましょう、ギリギリの場合得点状況ではあえて見逃すのも手です。

スタミナドリンクは闇雲に取るのではなく、エースキャラが動けなくならないように計算して取りましょう、キャラクターの交換をうまく使ってローテーションするのも大事です。

【白猫テニス】ギミックが難しい

ギミックは種類によっては逆用できます、ギミックの主な対処法は以下の通り。

・床系ギミック(燃焼床や毒床など)

できるだけ踏まないようにしましょう、それだけで対処可能です。

特にスタミナが減る燃焼や毒の床は避けましょう、相手側にある場合はドロップショットなどを駆使して相手に踏ませるようにしましょう。

相手が強くてもギミックのお陰で勝てる場合もあります。

・障害物系ギミック(牛骨など)

こちらは運に頼るしかありません、できるだけギミックに当てられないようなコースを考えて打つ必要があります。

ガット遺跡の3-1(スタークラス)などは運に任せるしかないのが現状です。

障害物系はCPU相手にはほとんど影響がなく、厄介なギミックとなっています。

【白猫テニス】敵が全部拾ってくる

難易度が高いステージは、敵の動きも素早くミスも少なくなります。

チャンスボールはしっかり決めることが大事、その他左右へ振るなど粘り強く戦う必要があります。

ジャストショットを決めれば対人戦以上にCPUのミスがあるので、ジャストショットを心がけましょう。

サーブアンドボレーなど、ネットプレーは効果的、タワーモードでも使えるテクニックなのでツアーモードで練習しましょう。

以上、白猫テニスのツアーモードが難しくて進まない場合の対処法でした。

ツアーモードは失敗してもリスクはありません、なんども繰り返して攻略していきましょう。

いちばん大事なのはキャラクターをしっかり育成することです。